• 乾熱減量装置『ドライコンバーター』

  • 生ゴミや紙おむつなど水分の多い感染性廃棄物も安全に減量処理!『ドライコンバーター』は、生ゴミ・野菜くずや病院、介護施設などで排出される水分の多い感染性廃棄物を、減量処理して安全な一般ゴミとして処理コストの削減に威力を発揮する乾熱減量装置です。

    間接加熱で全く焼却しないため、大気汚染等の環境破壊の心配もなく、処理物が高含水率のものでも問題なく処理が可能。

    また、処理物から発生する臭い蒸気は、効率よく脱臭室に導かれ、蓄熱脱臭応用方式により脱臭処理されるので、ほとんど気になりません。

    【特長】
      ■1/5〜1/10に減量
      ■処理コスト大幅削減
      ■確実な減量処理
      ■リサイクルの推進
      ■簡単な操作性
  • お問合せについて ドライコンバーターについてのお問合せは下記のページからお願いします。

    お問合せする